皆様の幸せストーリーは下の写真よりご覧ください。

お客様からのメッセージ

離婚の危機をハートフラワーさんが救ってくれました。

Aさんからのメッセージ

ハートフラワーでお嫁さんのお誕生日にサプライズでお花を贈って、ケンカばかりしていたのに、仲良くなれました。離婚の危機をハートフラワーさんが救ってくれました。また自分の誕生日に、お父さんお母さんに、「僕を生んでくれてありがとう」のメッセージ付きのハートフラワーを送って、かなり照れくさかったけど、2人ともすごく喜んでくれました。ハートフラワーさんで、親孝行出来ました。また1ヶ月くらいたって、忘れかけた頃に、写真が届く所もなかなか素晴らしいアイデアです。ハートフラワーさん これからも宜しくお願いします。

妻と息子の嬉しそうな顔を想像するとなぜか私も嬉しくなりました。

Bさんからのメッセージ

産んでくれてありがとう。忙しい毎日、我が家で二番目の子供を授かりました。妻と四歳になる長男、そして産まれたばかりの娘を妻の両親に任せたまま仕事に明け暮れていました。そんな中、友人にハートフラワーを勧められました。「まあ、付き合いで」と妻に可愛い娘を産んでくれた感謝の気持ちとして花を贈りました。花をプレゼントすることなど今までに無く、正直なところ照れくさかった。それから花が届けられる日も忘れていると携帯に妻からのメール、感動と感謝の言葉、そして綺麗な花の写真が添付されていました。彼女の両親も毎日帰りが遅い私に不安を感じていたようですが安心したみたいです。妻と息子の嬉しそうな顔を想像するとなぜか私も嬉しくなりました。同時に普段から私に尽くしてくれている彼女に対して、それが当たり前になっている自分に気づかされました。感謝の気持ちを形にするってこういうことなのですね。感謝を伝えると自分も相手もとても幸せな気分になれる、そう感じた出来事でした。

幸せをひとつ、ハートフラワーさんからもらいました。

Cさんからのメッセージ

誕生日おめでとう!突然入った電話、なにかと思ったら「奥様の誕生日に贈るお花のメッセージはどうしますか?」と、「しまった!」妻の誕生日は12月15日、「良かった。おかげで思い出した」慌てて携帯のスケジュールを確認するとその日は予定がビッシリ・・・。確か去年も同じで、そのときの寂しそうな妻の顔が思い出されました。「いつものこと」と気を取り直し迎えた当日、「ゴメンな」と言って家を出ました。今年の妻は寂しそうではなく、あきれていました。そしてその日の帰宅は深夜二時、普段は消えているライトに照らされて「誕生日おめでとう!」のメッセージがついた綺麗な花が飾られているのです。妻は待っていてくれて、今日たまたま親戚が訪ねてきて花とメッセージを見て「あいつ(私のこと)がこんなことを」とびっくりして「あなたたちは幸せね」と言われたことを嬉しそうに教えてくれました。そして「ありがとう」と優しく言ってくれました。

はじめての方へ

料金設定